トップ » [最後まで敵を見誤っていた『読売ウィークリー』]

アルファブロガー・アワード2008
ブログ記事大賞
中間発表

Parsleyの「添え物は添え物らしく」/Parsleyさん

最後まで敵を見誤っていた『読売ウィークリー』

スクリーンショット:最後まで敵を見誤っていた『読売ウィークリー』

「 「ざまをみる」ということで、買いました。『読売ウィークリー』の最終号。  とりあえず、中吊り広告は月曜日の東京メトロ各線で見ることが出来た。以前に拙エントリーで指摘したが、10万前後の発行部数だと交通広告を入れる余裕はほぼないはず。」
この記事をはてなブックマークに登録はてなブックマーク - 最後まで敵を見誤っていた『読売ウィークリー』
Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!この記事のlivedoor クリップ数
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

推薦コメント

  • 昨年は毎日新聞のwaiai問題とか、日本時間かあちらの時間かということも確かめずに、元次官宅襲撃で、事件6時間前にネット書き込まれていたと言う間違った記事を載せてしまったとか、新聞メディア、特に毎日新聞へのすさまじい批判がネットで展開された一年でした。また雑誌に限らず、新聞も、テレビも、いよいよ経営状況が悪化してきてきいたこともあって、生き延びて行くためにはなんらかの現状からの脱却がもとめられてきていることは間違いありません。いろいろ既存メディアのあり方に関しての記事がありましたが、Parsleyさんのこの記事が、いま既存メディアの人たちの陥っている間違いを端的に指摘されていたように感じました。

    大西 宏大西 宏

結果発表